コーヒー-雑学

コーヒーにコーラが入ったコカ・コーラプラスコーヒーが販売?!

20180907090928 - コーヒーにコーラが入ったコカ・コーラプラスコーヒーが販売?!

コカ・コーラシステムがコーヒーとコカ・コーラを融合させた「コカ・コーラプラスコーヒー」を9月17日から販売するようです。

 

コカ・コーラとコーヒーを融合させた味ってどんな味なんでしょう?詳細について紹介させていただきます。

コカ・コーラプラスコーヒーについて

コカ・コーラプラスコーヒーは2017年に関東・東北・南東北の自動販売機限定で販売され、大好評だった商品です。

 

190g缶で販売され、仕事中や休憩時の気分転換のための大人の飲み物として販売されたようです。今回は250g缶で販売されます。

コカ・コーラプラスコーヒーの味について

気になるのは味ですよね?コカ・コーラとコーヒーなんて組み合わせを聞いただけでも敬遠してしまいそうですよね。

 

でも、味はコーヒーの風味を感じることができ、飲んだ後もコーヒーの苦味を楽しむことができます。

 

もちろん炭酸も入っているので、飲みごたえがあります。仕事で疲れて一息つきたいなんて時に飲むと、スッキリしてリフレッシュできそうですよね。

コカ・コーラプラスコーヒーに含まれる成分は?

f:id:youichirou1129-1:20180907090917p:plain

気になるのは成分ですよね?コカ・コーラには砂糖が多く含まれているので、ダイエット中の方や体型を気にしている方からしたら控えたい飲み物です。コカ・コーラプラスコーヒーはどうなんでしょう?

コカ・コーラプラスコーヒーの栄養成分

100mlあたりの栄養成分はエネルギーは20kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物5gだそうです。250ml入っているので、1缶飲むと50kcalですね。ちなみにコカ・コーラの成分はどうなっているのでしょう?

コカ・コーラの栄養成分

100mlあたりの栄養成分はエネルギーは45kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物11.3gだそうです。250mlだと約110kcalですね。じゃあ、コーヒー微糖の成分はどうなっているんでしょう?

コーヒー微糖の成分

100mlあたりの栄養成分はエネルギーは21kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物3.2g、糖類2.3gだそうです。250mlだと約50kcalですね。

 

コカ・コーラプラスコーヒーのカロリーはコーヒー微糖の缶コーヒーと同程度なので、カロリーを気にしている方も、比較的飲みやすいかもしれませんね。

まとめ

9月17日から販売されるコカ・コーラプラスコーヒーは話題になりそうですね。カロリーも思っていたより多くはなく、缶コーヒーの微糖のものと同程度のようです。気になる人はぜひ一度飲んでみて下さいね。