コーヒー‐健康

コーヒーを飲むとトイレが近くなる?カフェインの効果っていつまで?

2019 06 16 04h58 21 - コーヒーを飲むとトイレが近くなる?カフェインの効果っていつまで?

コーヒーとても身近な飲み物で、毎朝飲んでいる方や仕事の休憩中に飲んでいる方も多いと思います。

 

コーヒーを飲むと頭がスッキリしたり、集中力が高まったりするので私も1日何杯も飲んでいます。

 

しかし、コーヒーを飲んだ後ってトイレが近くなって困った経験はありませんか。車の運転をしていて眠くなったのでコーヒーを飲んだらトイレに行きたくなって困ったなんて話を聞いたこともあります。

 

今回はコーヒーの利尿作用がどのくらい続くのか紹介させていただきます。今までトイレで悩まされた方はぜひ参考にしてください。

コーヒーを飲むとトイレが近くなるのはなぜ?

2019 06 16 04h58 21 - コーヒーを飲むとトイレが近くなる?カフェインの効果っていつまで?

コーヒーを飲んだらトイレが近くなったなんて経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

眠気覚ましにコーヒーを飲んだけど、トイレに何度も行きたくなってしまって困っちゃったなんて話を聞いたこともあります。

 

コーヒーを飲むとトイレが近くなるのは「カフェイン」が原因であると言われています。カフェインを摂取すると交感神経が刺激され、腎臓の血管が拡張します。

 

カフェインを摂取して腎臓の血管が拡張すると、腎臓でろ過される血液の量が増加し、尿を体外に排出しようという働きが強まります。そのため、利尿作用が促進されることとなります。

 

この利尿作用は血液中のカフェインの濃度によるものなので、コーヒーを飲んだ後にカフェインが体の外に排出されるまで利尿作用は継続することになります。

カフェインの効果はいつまで続くの?

f:id:youichirou1129-1:20180507113619j:plain

カフェインを摂取すると、胃と小腸で吸収されます。コーヒーを飲んで30~45分でカフェインは吸収され、血中濃度が最大になります。

 

カフェインの吸収速度はホットコーヒーを飲むか、アイスコーヒーを飲むかによっても異なります。

 

ホットコーヒーの場合は30~1時間で血中濃度は最大となりますが、アイスコーヒーの場合は、胃の運動が低下するため1時間後にようやく血中濃度が最大に達するといわれています。

 

カフェインの効果が持続する時間は4~6時間と言われています。カフェインの血中濃度が最高値の半分になる時間を「半減期」と言い、通常カフェインの半減期は4~6時間です。そのためカフェインの利尿作用は4~6時間続きます。

 

もちろんカフェインの半減期には個人差がありますので、年齢や肝機能の能力によりカフェインの血中濃度の半減期も変わります。普段カフェインを摂取しない人は効果が敏感に出やすくなります。

利尿作用のメリットとデメリット

2019 06 16 05h09 47 - コーヒーを飲むとトイレが近くなる?カフェインの効果っていつまで?

コーヒーを飲んでトイレが近くなり、困るというデメリットもありますが、利尿作用にはメリットももちろんあります。利尿作用によるメリット・デメリットは以下の通りです。

利尿作用のメリット

利尿作用により体の水の循環が促進されるので、むくみが解消されます。また体の中の老廃物が尿から排出される率が高まるので、健康や美容のプラスになります。また高血圧の解消も利尿作用のメリットです。

利尿作用のデメリット

尿量の増加によりトイレに行く回数が増えてしまうということがデメリットとなります。

 

尿として老廃物以外に必要なものまで排出されてしまうので注意する必要があります。また尿量が増えるので、水分補給をきちんとする必要があります。

カフェインレスコーヒーを飲むとトイレが近くなりにくい

2019 06 16 04h59 36 - コーヒーを飲むとトイレが近くなる?カフェインの効果っていつまで?

コーヒーを飲むとトイレが近くなるので、何かいい方法はないの?って思われる方もいるかもしれません。

 

そんな方にオススメなのがカフェインレスコーヒーやデカフェなどカフェインの含まれていない商品を選ぶことです。

 

カフェインが含まれていないので、利尿作用によってトイレが近くなる可能性が低くなります。

 

ただ、カフェインレスコーヒーだと満足できないという方は飲む量を減らしてカフェインの摂取量を減らすという方法もあります。

 

カフェインを摂取したことによる利尿作用を防ぐ方法はないので、摂取しないのが一番の対策です。

 

カフェインの効果は4~6時間継続するので、夜中にトイレに行きたくなって困っているという方は、コーヒーを飲むのは寝る時間の6時間より前までとし、その後はコーヒーを飲むのを控えるようにしましょう。

まとめ

コーヒーを飲むとトイレが近くなる理由には、カフェインが関係しています。困っているという方は毎日の摂取量を減らしてみましょう。

 

コーヒー以外にもカフェインは含まれているので、毎日の飲み物から見直してみてもいいかもしれません。

 

ただ、利尿作用にはメリットもあります。メリットとデメリットを理解して、コーヒーを上手く付き合っていけるといいですね。