コーヒー‐健康

インスタントコーヒーは体に悪いって本当?原材料を調べました!

139ae57eba2563d4e1205340bf2e8c23 s - インスタントコーヒーは体に悪いって本当?原材料を調べました!

コーヒーは身近な飲み物で、いつでもどこでも飲むことができるようになりました。朝起きてすぐ飲んだり、仕事の休憩中に飲んでいるという方も多いかと思います。

 

手軽にコーヒーを飲むことができるインスタントコーヒーが家にあるという方も多いと思います。

 

しかし、「インスタントコーヒーという名前から、なんとなく体に良くないのかな」なんて思い、飲むのを控えているなんて方がいると聞いたことがあります。

 

確かにインスタントって体に悪そうな響きがありますよね。今回はインスタントコーヒーについて説明したいと思います。

インスタントコーヒの原材料はコーヒー豆100%

2019 06 16 05h22 45 - インスタントコーヒーは体に悪いって本当?原材料を調べました!

インスタントコーヒーという名前から「添加物がいろいろ入っているのかな」と思っていた方は安心してください。インスタントコーヒーの原材料はコーヒー豆100%です。

 

最近では健康ブームの影響により、インスタントのものは体に悪いというイメージが定着しています。

 

そのため、インスタントコーヒーも体によくないと避けられていますが、インスタントコーヒーの原材料はコーヒー豆だけなんです。

 

インスタントコーヒーの作り方を知ってもらえれば安全だということはより分かってもらえると思います。

 

インスタントコーヒーはどうやって作られるかご存知ですか?製法によって様々ですが、基本的にはドリップコーヒーを乾燥させて固形化したものです。

 

ということは、元はコーヒー豆から挽いた普通のコーヒーと同じなんです。インスタントコーヒーはメーカーによって味や風味が異なります。

 

しかし、コーヒー豆から挽いたコーヒーを乾燥させたものだということは共通しています。

 

インスタントコーヒーにも種類があり、「粉末タイプ」と「粒タイプ」があります。この二つでは製造方法が異なります。

スプレードライ(粉末)

この製造方法は濃縮されたコーヒー液を高温の乾燥塔の中に噴射し、水分を瞬間的に蒸発させ、乾燥した細かい粉末状のコーヒーを作ります。

 

スプレードライ製法は高温で処理するため香りが損なわれやすい反面、コストが安く済みます。

フリースドライ(粒)

この製造方法は濃縮されたコーヒー液を零下40度前後の低温で凍らせた後に細かく砕き、真空状態にして水分を蒸発させる方法です。

 

フリーズドライ製法は低温で処理するため香りが損なわれにくい反面、コストが高くなります。

インスタントコーヒーは体に悪いの?

2019 06 16 05h31 49 - インスタントコーヒーは体に悪いって本当?原材料を調べました!

結論から言えば、インスタントコーヒーは体に悪くありません。原材料はコーヒー豆100%ですし、どちらの製造方法もコーヒーを抽出し、乾燥しているだけです。

 

添加物などは含まれていないので、今まで心配されていた方や飲むのを避けていた方も安心して飲んでいただいて大丈夫です。

 

それでも心配だという方はインスタントコーヒーの成分表を見てみて下さい。原材料がコーヒー豆100%と書いてあれば大丈夫です。

 

ただ、注意したいのがスティックコーヒーです。スティックコーヒーはブラック以外は添加物や甘味料が入っている可能性があります。購入する場合はよく見てから買うようにしましょう。

インスタントコーヒーのおいしい飲み方

f:id:youichirou1129-1:20180508103413j:plain

どうせ飲むならおいしくコーヒーを飲みたいですよね。インスタントコーヒーのおいしい飲み方について紹介させていただきます。

ホットコーヒー

コーヒーカップ(約140ml)に小さじ1杯(約2g)のインスタントコーヒーを入れます。

 

味には好みがあるので、インスタントコーヒーの量はお好みで加減してください。ただ入れすぎるとインスタントコーヒーっぽさが出てしまいますので注意しましょう。

 

お湯を入れる際に沸騰したお湯をカップに注いでしまいがちですが、沸騰したお湯を少し落ち着かせ90度くらいで淹れた方がおいしくなります。

 

コーヒーの適温は80~90度といわれているので、お湯が沸騰してから1~2分おいてから作るとちょうどいい温度となります。

 

コーヒーにはマグネシウムやカルシウムの濃度が低い軟水のミネラルウォーターを使うとよりおいしくなります。

 

お湯を注ぎ終えたらスプーンでインスタントコーヒーが溶けるまでよくかき混ぜましょう。

アイスコーヒー

耐熱性のグラスを用意し、インスタントコーヒーを小さじ1杯(約2g)を入れます。この際もお好みで量を加減してください。

 

お湯で氷が溶けるので、アイスコーヒーに使うお湯の量はホットより少ない90mlです。グラスにお湯を注ぐ際もお湯の温度は90度が目安です。

 

お湯を注ぎ、インスタントコーヒーが溶けるまでよくかき混ぜます。最後に氷を適量加えて冷えるまでかき混ぜるとアイスコーヒーが出来上がります。

まとめ

インスタントコーヒーはイメージだけで体に悪いと思われがちですが、そんなことはありません。

 

成分表にも書いてありますが、原材料はコーヒー豆100%なので安心して飲んでもらって大丈夫です。

 

ただ、飲み過ぎはカラダに悪影響を及ぼす可能性があります。コーヒーは毎日3~5杯が適量と言われているので、飲み過ぎには注意をして毎日のコーヒー生活を楽しんで下さい。