コーヒー

妊娠中にコーヒーを飲んでも大丈夫?飲むなら1日何杯まで?

f:id:youichirou1129-1:20180423111105j:plain

「妊娠中にコーヒーを飲むとよくない」なんて言われたことはありませんか。初めての妊娠であれば何が良くて何が悪いかなんてわかりませんよね。

 

どうしてコーヒーは飲んではいけないなんて言われているのでしょうか。今回はコーヒーが胎児に与える影響について説明したいと思います。

 コーヒーに含まれるカフェインについて

コーヒーを飲むと目が覚める、コーヒーを飲むと落ち着くなど、コーヒーを飲むと様々な効果があるようです。

 

最近ではダイエット効果もあるなんて言われています。コーヒーに含まれるカフェインには具体的にどんな効果があるのでしょうか。

覚醒作用

人は脳が働く時間と脳の仕事量に比例してアデノシンなどの睡眠物質が溜まってきます。

 

溜まった睡眠物質が増えすぎると脳が壊れてしまうので、睡眠物質の生産を止め、さらにこれを分解するために脳の動きを止めて眠ります。

 

人が眠くなるのはこういった理由からなんですが、カフェインを摂取することでアデノシンの働きを抑えることができ、脳を覚醒させる作用があります。

頭痛を緩和してくれる作用

カフェインには血管の収縮効果があり、脳の血管の拡張が原因で引き起こされる頭痛を緩和される場合があります。

利尿作用

カフェインを摂取することで交感神経の働きが活発化します。その結果、腎臓の血管が拡張され、腎臓に多くの血液が送られるようになり、尿が多く作られます。

脂肪を分解してくれる作用

リパーゼという脂肪の代謝の役割を担っている酵素があるのですが、カフェインを摂取することでリパーゼの働きが活性化され、脂肪分解効果が期待できます。

妊娠中にコーヒーを飲むとどうなるの?

f:id:youichirou1129-1:20180423111249j:plain

カフェインを摂取することで上記のような作用があるということがわかりましたが、胎児にとって悪い影響はあるのでしょうか。

 

結論から言うと、赤ちゃんの成長や出産後の健康に及ぼす影響は具体的にはまだわかっていないというのが現状です。

 

ではなぜコーヒーは妊娠中に飲んではいけないと言われているのでしょうか。

流産などのリスクが上昇する

カフェインを毎日多量に摂取することで、低出生体重児の出産や流産、死産のリスクが上昇するという研究結果があります。

 

特に妊娠初期の胎盤が形成されるまでの間は、血管が収縮されることでお腹が張り、流産のリスクが高まるようです。

 

カフェインはコーヒーだけでなく緑茶や紅茶にも含まれています。また栄養ドリンクなどにも含まれています。

 

カフェインが赤ちゃんの成長に及ぼす影響についてはまだはっきりしていませんが、万が一を考えると摂取量には注意した方がいいかもしれません。

貧血になりやすくなる

妊娠中は多くの栄養素が必要です。特にカルシウムや鉄分は胎児の発育に関わる栄養素です。

 

しかし、コーヒーを飲むと鉄分の吸収を阻害され、貧血を引き起こしてしまう可能性があります。

 

コーヒーにはポリフェノールの一種である「タンニン」という成分が含まれています。

 

タンニンには活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があり、基本的には体に良いものなのですが、タンニンには鉄分の吸収を阻害する効果があります。

 

タンニンは紅茶や緑茶にも多く含まれており、鉄と結びつくことによってタンニン鉄というものに変わります。

 

タンニン鉄は腸で吸収されにくいので、鉄分をせっかく摂っても体の中に吸収されません。そのため母体が貧血を起こしやすくなることがあります。

妊娠中に摂取しても大丈夫なカフェイン量は?

妊娠中にコーヒーを飲まない方がいいと言われていますが、全く飲んではいけないのでしょうか?

 

WHOによると、コーヒーは1日3~4杯までであれば大丈夫としています。ですので、全く飲んではいけないということはないようです。

 

しかし、1日のカフェイン摂取量が100㎎を超えると自然流産率が増加するというデータもあるので、心配な方は飲まない方がいいかもしれません。

 

ただ、カフェインが入っている飲み物というのはコーヒーだけではありません。私たちの身近にあるいろんな飲み物に入っているんです。

 

飲み物に含まれているカフェインの含有量について紹介させていただきます。

カフェインの含有量は?

カフェインはコーヒー以外の飲み物にも含まれています。どのくらいカフェインが含まれているか紹介させていただきます。

  • コーヒー(ドリップタイプ)100㎎/150ml
  • コーヒー(カプチーノ)50㎎/150ml
  • 紅茶 30㎎/150ml
  • 煎茶 30㎎/150ml
  • コーラ 34㎎/350ml
  • ココア 10~50㎎/150ml

コーヒー以外の飲み物にもカフェインが含まれているのが分かると思います。飲み物以外だと薬にも入っていたりします。

 カフェインの少ない飲み物

f:id:youichirou1129-1:20180423110859j:plain

妊娠中や授乳中でカフェインを摂取したくないという方は何を飲んだらいいのでしょうか?

 

コーヒーを飲まずに別の飲み物をと考えている方は、麦茶やハーブティー、ルイボスティー、デカフェ、トマトジュースなどがオススメです。

 

デカフェやカフェインレスコーヒーという名前を聞いたことがある方もいると思います。コーヒーに含まれるカフェインを取り除いたコーヒーのことを指します。

 

日本ではまだ馴染みが薄いですが、ヨーロッパでは日常的に飲まれています。日本でも扱っているカフェも増えてきているのでお店で聞いてみましょう。

まとめ

カフェインというのは適量であればカラダに良い働きをしてくれるということがわかってきています。

 

ただ、過剰に摂取するとカラダに悪影響を及ぼす可能性があります。特に妊娠中であると胎児に影響を与えてしまう場合があるようです。

 

まだカフェインが赤ちゃんの成長に及ぼす影響についてはまだはっきりしていませんが、万が一を考えると摂取量には注意した方がいいかもしれません。

 

コーヒー以外にも多くの飲み物にカフェインは含まれているので、毎日の摂取量に注意をするようにしましょう。