コーヒー‐健康

たんぽぽコーヒーにはカフェインが入っていない?妊娠中や子供でも大丈夫?

f:id:youichirou1129-1:20180418153003j:plain

コーヒーが好きで毎日飲んでいるという方も多いと思います。コーヒーを寝起きや休憩中に飲む方も多いですよね。

 

しかし、妊娠中であったり、コーヒーを飲みたいけれどカフェインを制限していて飲むことができないなんて方もいるのではないでしょうか。

 

「たんぽぽコーヒー」という名前を聞いたことがありますか。普段生活していてなかなか聞く機会がないので知らない方も多いと思います。

 

このたんぽぽコーヒーであれば妊娠中の方やお子さまでも安心して飲むことができるということをご存知でしょうか。

 

今回はたんぽぽコーヒーが妊娠中や子どもが飲んでも大丈夫かどうかについて紹介させてもらいたいと思います。

たんぽぽコーヒーってなに?

「たんぽぽコーヒー」はその名の通り焙煎したたんぽぽの根から作られた飲み物です。コーヒーと名前がついていますが、原料でコーヒー豆は使われてはいません。

 

昔はコーヒー豆は高価であり、一部の人しか飲むことができなかったのでコーヒーの代用品として作られたのが始まりと言われています。

 

たんぽぽコーヒーはコーヒー豆ではなくたんぽぽの根を使って作られているのでカフェインが含まれていません。

 

しかし、クロロゲン酸化合物が含まれているので、風味や飲み口はコーヒー豆で作ったコーヒーに近くなっています。

たんぽぽコーヒーに含まれる成分

f:id:youichirou1129-1:20180418153023j:plain

たんぽぽコーヒーにはどのような成分が含まれているのでしょうか。たんぽぽに含まれる成分ってなかなか想像がつきませんよね。

 

たんぽぽコーヒーは主にたんぽぽの根から作られており、主に以下の成分が含まれています。

クロロゲン酸化合物

コーヒー豆にも含まれている成分です。ポリフェノールの一種で、コーヒーの渋みの元とされている成分です。

 

コーヒーと言えばカフェインが有名ですが、実はコーヒー豆に含まれているのはクロロゲン酸化合物の方が多いんです。

イヌリン

炭水化物の一種であって、果糖の重合体の一種です。人の消化器では分解することができない成分です。

 

大腸の腸内細菌叢によってはじめて代謝されるので、栄養成分表示では糖質ではなく食物繊維として扱われます。

 

食後の血糖濃度の上昇を抑制してくれる働きがあります。腸内細菌による代謝産物がインスリン感受性を向上させることによって、糖尿病患者の血糖値を適切な水準に調整してくれることがわかってきています。

 

糖尿病などの疾病に対しての食事療法の手段として期待されています。

タラキサシン

たんぽぽの茎や根を切ると白っぽい汁が出てきますが、それがタラキサシンです。

 

このタラキサシンという苦味の成分が母乳の分泌を促進するとも言われています。

コリン

ビタミンではありませんが、ビタミンに似たような働きやビタミンを助ける働きがあります。

 

体内に入ると細胞膜や神経組織を構成するレシチンの材料になります。

たんぽぽコーヒーを飲むことによるメリットは?

f:id:youichirou1129-1:20180418153059j:plain

ノンカフェイン

たんぽぽコーヒーにはカフェインが含まれておらず、妊娠中の方やお子様でも安心して飲むことができます。

 

またビタミンとミネラルが豊富に含まれており、健康にもよい飲み物です。

カラダを温めてくれる

寒い冬などにコーヒーを飲む方は多いとは思いますが、実はコーヒーは体を冷やしてしまう飲み物です。

 

紅茶やコーヒーなどカフェインを含む飲み物は体を冷やします。しかし、たんぽぽコーヒーは体を温める飲み物ですので、冷え性の改善効果が期待できます。

消化器の健康

たんぽぽコーヒーに含まれるイヌリンは食物繊維なので、腸内の善玉菌の増殖を促進してくれます。体内細菌がイヌリンを栄養源として増殖して、腸内の健康を保ってくれます。

便秘の改善効果

たんぽぽコーヒーに含まれるイヌリンはごぼうにも含まれている食物繊維です。胃の中で膨らんで、腸を通過しながら体内にある老廃物などを吸着して外に出してくれる働きがあります。

母乳の出を良くしてくれる

たんぽぽコーヒーに含まれるタラキサシンという苦味の成分があり、それが母乳の分泌を促進してくれます。カフェインが含まれていないので、授乳中でも安心して飲むことができます。

たんぽぽコーヒーのデメリット

f:id:youichirou1129-1:20180418153114j:plain

不眠や動悸

たんぽぽコーヒーには血流を改善してくれる働きがありますが、人によっては飲用すると不眠や動悸などの症状が現れる方もいます。

胃酸の分泌過多

たんぽぽの根の部分には、強壮剤としての作用があり、体内から毒素を排出したり体質改善を行う効果があります。

 

しかし、人によっては胃酸の分泌過多となり胃痛を引き起こしてしまう場合があります。

 

また胆嚢(たんのう)に良いと言われているたんぽぽコーヒーですが、胆道閉鎖・胆嚢炎・閉塞性イレウスを患っている方は飲用してはいけません。

 おすすめは森下薬農園のたんぽぽコーヒー

たんぽぽコーヒーですが、種類が多くあり、どのたんぽぽコーヒーを選んだらよいかお困りな方もいると思います。

 

そんな方にぜひ紹介したいのが「森下薬農園のたんぽぽコーヒー」 0 - たんぽぽコーヒーにはカフェインが入っていない?妊娠中や子供でも大丈夫?

です。どんなたんぽぽコーヒーでもよいという方はこのたんぽぽコーヒーでなくてもいいと思います。

 

しかし、品質にこだわりたいという方にはオススメです。鳥取県の自社工場で生産から発送までやっており、250項目以上の放射能・残留薬検査を実施しています。

 

また、ノンカフェインでノンカロリーですので妊娠中の方や授乳中の方、お子様でも安心して飲むことができます。

 

添加物は入っておらず、香料や着色料も入っていません。品質と安全性を重視している会社です。

 

どのたんぽぽコーヒーにしようかと悩んでいる方はぜひ一度「森下薬農園のたんぽぽコーヒー」 0 - たんぽぽコーヒーにはカフェインが入っていない?妊娠中や子供でも大丈夫?

を飲んでみて下さい。他のものとの違いがよくわかると思いますよ。 bgt?aid=180417531301&wid=001&eno=01&mid=s00000018545001005000&mc=1 - たんぽぽコーヒーにはカフェインが入っていない?妊娠中や子供でも大丈夫? 0 - たんぽぽコーヒーにはカフェインが入っていない?妊娠中や子供でも大丈夫?